古紙をリサイクルした“セルロースファイバー”は、エコで高性能は断熱材!

2022.12.01

先月、上棟を行った現場!
壁への断熱材の吹き込み
を行いました😊















ただ単に自然素材を
使うだけではなく
独自の工法と本物の素材を使い


いわば「超自然素材の家」
を手づくりします


こんにちは!
「人と自然にやさしい家づくり」
さくらホームの宮永和幸です

株式会社さくらホーム

広島で注文住宅・新築一戸建・店舗・リフォームならさくらホーム。信頼できる本物の自然素材を使った体に優しい家づくりをしています。創業24年、シックハウス保証で安心。




暑さや寒さをしのぐには
いろんな方法がありますが


屋根・天井や壁、床などに
施す断熱材によって
断熱効果が変わってくるのも事実です


そんな断熱材は
いろんな種類があります

 
【鉱物系】
グラスウール
ロックウール

<特徴>
安価で施工しやすい
繊維が体に入ると良くない

【石油系】
ポリスチレン
ウレタン

<特徴>
高性能である
環境に良くない、燃えると毒ガス

【自然素材系】
セルロースファイバー
ウッドファイバー

<特徴>
人と環境に優しい
高価である


これ以外にもいっぱいあるし
いろんな特徴があります 


さくらホームでは
お客様と相談しながら
いろんな断熱材を使用しますが


やっぱりオススメは
【自然素材系】


そんな断熱材ですが
今回、屋根・天井、壁に採用したのが
コレです👇















コレ・・・
セルロースファイバー
って言います


まずはこんな風に
これを吹き込む部分に
シートを張っていくんですね👇















それからこんな機械を使って
ホースを通って先ほどのシートの中に
吹き込んでいくんですね


吹き込んだ壁はこんな感じ
少し膨らんでるのがわかりますね👇















このセルロースファイバー
【自然素材系】って
くくりにしていますが


新聞紙をリサイクルした
木材由来のエコな断熱材なんです















木造建築と同じで
吸放湿性があるので
相性もバッチリです😉


今回は壁への吹き込みで
工事が進んでいくと
次回は屋根・天井ですね


断熱性能の事だけを考えると
できるだけ安価で性能が高いもの
が良いと考えがちですよね


でもきっちりした工事ができる工法
安心安全な素材であることも大切です


セルロースを現場で吹き込めば
きっちりと隙間なく工事ができて安心
それに高い断熱性能はもちろんです👌


それからエコ!なんです!
新聞紙をリサイクルしたもの
ですから環境にも配慮してますね


吸音性にも優れていて
吸音・遮音・制振の高い性能
で防音効果を発揮します✨


今回採用してるのは
セルロースファイバーの
デコスドライ工法


詳しくはこちらからどうぞ👇

株式会社デコス|セルロースファイバー断熱のデコスドライ工法

新築、リフォームの断熱工事をするなら、セルロースファイバーを認定施工店が責任施工するデコスドライ工法をお勧めします。


電話

LINE友達登録

メール

資料請求